看護師転職

大学病院編~残業や休暇はどの程度ありますか?

大学病院勤務は残業は多いですか?

日勤の残業は比較的少なく、夜勤の残業は多めです。

 

残業なしで帰れることはほとんどありませんでした。
特殊な症例を扱っていますし、看護にもそれなりの時間が必要です。
それでも医師も含めた医療者が多いため、とくに日勤では
上手く分担し合えば意外とスムーズに仕事を終えることもできます。
でも準夜や夜勤は、残業が比較的多めかもしれません。
重症度が高い症例も多いので、医師も帰宅する夜は人手不足な感じです。
時には休憩にも入れず残業まであることも・・・
日勤に比べて夜勤の疲労度が高いのは大学病院の特徴かもしれませんね。

 

>>残業ナシの看護師求人はこちら

 

 

休暇の希望、長期休暇はきちんと取れますか?

カレンダー通り、休暇を取得できました。

 

大学病院の魅力のひとつは「管理がきちんとしている」ところ。
お休みの管理も同様で、ルールにそって平等にお休みがもらえます。
新人でも転職者でも、しっかりお休みがもらえるのは嬉しいことですよね。
休み希望は月2つまで、連休はカレンダーと同じ数のみなどのルールがありました。
長期休暇は夏休みとお正月で、それぞれ5連休くらいはとれていました。
GWも3連休くらいはとれていた気がします。
休み希望が年功序列や早いもの勝ちみたいなところもありますから、
そういう意味では大学病院はいちばん平等に希望をきいてくれるところだと思います。

 

 

寮の設備が整っているのは本当ですか?

新しい寮ならラッキー。古い寮のままのこともあります。

 

大学病院はとかく歴史が古いもの。
当時は最新だったはずの寮も今では・・・なんてことも珍しくありません。
ちょうど建て替えで新しい寮に入れればラッキー!
キッチン・バス・トイレ付き、完全個室、オートロックなどが期待できます。
ちなみに古い寮と新しい寮がある場合、
新卒や在職期間が長い人が優先される傾向もあるようですが、
寮の数は十分にあることが多く、部屋を選ばなければ入居は可能だと思います。

 

>>大学病院の看護師求人を探す

 

大学病院編エントリー一覧