看護師転職

CRC編~採用場所や出勤スタイルは?

CRCはどこに採用されるのでしょうか?

ほとんどがSMO(治験施設支援機関)、病院はわずかです。

 

CRCが採用されるのは、SMOか病院です。
SMOに採用されればスタッフの一員としてプロジェクトに入り、
契約した医療機関に出向いて他機関の方と協力しながら治験をすすめます。
一方、病院に採用されれば職員の1人として院内で治験をすすめていきます。
病院に採用されると遠出せずに済む、残業が少なめ、
協力する関係者と普段から面識がありコミュニケーションがとりやすいようですが、
採用案件としては多くないようです。
ということで一般的な募集のほとんどはSMO。
契約した医療機関まで出向き、企業として役割を果たすことで報酬を得るシステム。
病院よりはシビアな現実を想像しますが、
SMOで働くCRCの友人は「院内よりも視野が広がり遣り甲斐も感じる」そうです。
「院内のような慣れ合いもなく割り切った仕事ができる」のも魅力だそうですよ。

 

 

CRCはどこへ出勤するのですか?

SMO勤務は事務所へ、病院勤務は病院へ出勤します

 

出勤場所は、基本的に所属している場所です。
ただしSMOでは常駐や派遣という働き方もあり、
常駐になる場合は直行直帰で契約した医療機関に出向くこともあるようです。
となると、気になるのは通勤。
事務所が通勤圏内だからといって、担当になった医療機関も近いとは限りません。
中には出張扱いになるものや転勤になるケースもあるとのこと。
どのSMOでも初めに希望を聞いてくれるようですから、
通勤圏内の仕事をメインにしたい場合は、面接の際にしっかり伝えておいた方がよさそうです。

 

 

CRCは看護師のように制服勤務なのでしょうか?

制服なし、髪型も自由!憧れのOLスタイルで出勤できます

 

CRCには制服がありません。
憧れのOLスタイルで通勤でき、仕事終わりにもそのまま遊びに行けちゃいます♪
ヘアスタイルも病院のようにきっちりまとめる必要はありません。
ヘアアクセ、ピアスやネイルも派手でなければ出来るそう。
メイクだって病棟ナースのように控えめにしなくていいんです。
女子にとっては嬉しい条件ですね!
ちなみに医療現場では上から白衣着用で対応しているそうですよ。

 

>>髪型、服装自由のCRCの求人を探す

 

CRC編エントリー一覧