看護師転職

CRC編~業務内容やお給料は?

CRCの業務内容を教えてください。

新薬開発の治験に関わる業務にたずさわります。

 

CRCとはそもそも「治験コーディネーター」のこと。
治験のためのコーディネートですから
医師や被験者、製薬会社などと全般的に関わりながらデータをまとめていきます。
具体的には被験者のリストアップ、被験者への説明と相談、
医師との治験日時の打ち合わせ、検査データの取りまとめ、報告書作成など。

治験中は病院へ出向くことが多く、報告書作成に入ると事務所での作業が多いようです。
病院の看護業務とはまったく違いますし、
CRCという肩書で働いている時は被験者のバイタル測定や採血なども禁止されているとか。
看護師とは別の仕事ととらえて転職する必要がありそうですね。

 

 

CRCで学べることは何ですか?

コミュニケーション能力や視野の広さが身につきます。

 

CRCが病棟看護師との大きな違うのは「関わる人の多さ」。
コーディネートというお仕事ですから、多くの機関や職種の人と関わります。
そのため、必然的に視野が広くなりますし、
それぞれを調整するという立場からバランス感覚を身につけることができます。
またCRCの友人から聞いたところ
「自分が関わった薬が世に出たときの感動」が大きな遣り甲斐とのこと。
これは最先端医療にたずさわるCRCならではの大きな達成感と言えそうですね。

 

 

お給料は病院と同じくらいでしょうか?

夜勤ナシなので初めは低め。でも経験次第で高給が可能です。

 

看護師の給料の多くは夜勤手当。
夜勤がないCRCでは必然的に給料が下がります。
でも経験を重ねるほどに高給取りになれるのがCRCの魅力のひとつ。
転職当初は研修を受け補助的な立場ですが、経験を重ねるごとに独立し
プロジェクトを仕切る管理職になることができます。
看護師はある程度の立場になると給料が上がらないことも多いですが、
CRCでは経験を高く評価してくれるので働くほどに高給を目指せます。
もちろん管理職になっても夜勤はありませんから
生活リズムを崩さずに給料をあげられるのは嬉しいことですね。

 

>>CRCの求人はこちら

 

CRC編エントリー一覧