CRC勤務に向いているタイプとは|看護師の復帰・再就職の実情
看護師転職

CRC編~向いているタイプや活かせる経験は?

CRCに向いている人はどんなタイプの人ですか?

看護師経験を活かしつつ、OLのような生活スタイルを送りたい人です。

 

CRCは看護師とは少し違う職種です。
医療現場ではあるものの白衣はなくビジネスファッションで、
髪型なども比較的自由なようです。
また、パソコンでの事務作業も多くありますので、
実はOLスタイルに憧れていた人、事務作業が好きな人、
看護師の経験を生かしながらOLのような生活スタイルを取りたい人
などに向いています。
夜勤もありませんので、夜勤が苦手な人にも向いているでしょう。
またCRCは「治験コーディネーター」ということで、人と人とのコーディネートがお仕事。
人と話すのが好き、または得意な人、調整が得意な人にも適性がありそうです。

 

 

CRCへの転職に有利な経験や資格はありますか?

看護師資格があれば問題ありません。

 

CRCの募集要項はほとんどが看護師資格のみ。
違う分野の職種でも安心して転職できるのが魅力です。
一般の看護師とは違う分野ということで不安を感じる人も多いですが、
CRCは入社後の研修が充実しています。
仕事の流れ、ビジネスマナー、パソコンスキルなどは教えてもらえるので
気負うことなくチャレンジできますよ。

ちなみにCRCにはSMO協会の認定資格がありますが、
実務2年が必須ということなので転職前の取得はできません。

 

 

どうして看護師がCRCで活かせるのでしょうか?

医療従事者ということで知識や病院での経験が役立ちます。

 

CRCは新薬開発に関わるお仕事。
病院、治療、薬とは切っても切れない関係です。
そこで活かせるのが看護師の資格と経験。
疾患の特徴や治療方法、薬の知識にくわえ、
臨床経験があると病院での上下関係を知っていたり
医療者との接し方なども自然に身についていたりします。
新薬開発という専門プロジェクトに関わるため、
看護師の専門性の高い知識と経験がとても重宝され求められているのです。

 

>>CRCの求人はこちら

 

CRC編エントリー一覧