看護師転職

経験を活かしてより待遇の良い病院へ転職

29歳・外科2年/整形外科7年

 

看護学校を出てからずっと外科関連の看護についてきました。

職場の雰囲気じたいは悪くなかったのですが、
一般床80、療養20と小規模の病院のため、経営も大変なのか給与もあまりよくないのと
看護師の人数も少なめでシフトもきついわりには「ルーティンワーク」のような毎日で
看護師としてのキャリアを考えても、だんだんと不満がたまってきたのです。

せっかく積んだ経験を生かして、同じ外科病棟でより待遇の良い病院への転職を希望しました。

でも、実際に働きながら、こうした条件を調べて求職活動をするのは大変です。

現実的に時間がないんですから!

 

そこで、看護師専門の転職サポートを利用しようと思い立ったのです。

転職サポートの会社はたくさんあるようですが、
ナース人材バンクはとにかく担当者の対応が良かったので、決めました。

私の担当者は、具体的な年収の希望から細かい待遇面での条件まで、
ひとつ残らず希望どおりになるようにとても熱心に動いてくれたと思います。

結果、年収も300万からいっきに380万台にアップし、
さらに中規模の病院のため、研修制度やスキルアップ支援も充実しているので、
今は忙しいながらも「満足のいく」職場でがんばっています。

 

家庭と看護師の両立が実現しました

41歳・大学病院勤務5年/クリニック内科3年

 

大学病院の激務と人間関係に疲れて、5年ほど勤めて結婚を機に退職しました。

その後、子育てがひと段落したので地元の中規模クリニックの胃腸科のほうに
再就職したのですが、とにかく看護師不足なのかシフトがきつかったんです。

夜勤も多く、休日も希望どおりにはとれない雰囲気で、
いつも週末は仕事か寝ている私に夫も子供も「そこまでして働く意味があるの?」と……。


でも、看護師としての仕事は自分にとってはやっぱりやりがいのある仕事です。

母や妻として以外に、人の命に寄り添う仕事を一生続けたいと強く願っていました。

前の病院で同僚だった人が、ナース人材バンクに登録して、
「すごくいい条件の病院に転職できた」と言っていたのを思い出して、登録したんです。

担当の人がとても熱心で、
しかも大きい病院ばかりでなく地元のクリニックなどの情報もいろいろと知っていて、
私には「週末がお休み」「残業が少ない」小児クリニックの看護の仕事を紹介してくれました。

 

子育ての経験と看護の経験ふたつを生かす事のできる職場で、
しかも子供たちの休みに合わせる事もできるので
オン・オフ両方をストレスなく過ごす事ができるようになりました

看護師がストレスを抱えて働くようでは、本当の意味の「看護」ができません。

転職をして自分自身に余裕もできた事で、
患者さんにもたくさんの笑顔で接する事ができるようになれたのが一番嬉しいですね。