看護師転職

総合病院編〜向いているタイプや看護業務は?

総合病院勤務に向いている人はどんなタイプの人ですか?

手技のスキルアップをしたい人や急性期を経験したい人です。

 

総合病院での経験者は「スゴイ」と思われます。
なぜって、それは「総合病院の看護師は手技を多く経験している」から。
総合病院では大学病院やクリニックに比べ手技を多く経験できます。
できる手技の多さでナースの価値は決まらないけれど、できるにこしたことないのが手技。
だから手技を中心にスキルアップをしたい人には総合病院がピッタリです。
また総合病院は地域の救急搬送も多く受け入れています。
バリバリに第一線で働きたい、急性期のスキルを学びたい、
総合病院はそんな人にも向いています。

>>総合病院の看護師求人を探す

 

総合病院への転職に有利な経験や資格はありますか?

新しい職場のやり方を受け入れる素直な気持ちがあればOK

 

スキルアップを目指すときは事前に準備したいもの。
でも総合病院への転職で必要なものはとくにありません。
それよりも大切なのは「新しい職場のやり方を素直に受け入れる」という心構え。
かつて転職してきた人で手技の違いを細かく指摘、批判する人がいました。
転職してすぐに病院のやり方を否定するのはマナー違反。
間もなく彼女が孤立したことは言うまでもありません。
手技が多い総合病院だからこそ、手順の違いはよくあります。
そうしたときには「まずは謙虚に教わろう」という気持ちがとっても大切ですね。

 

 

総合病院での看護業務は?具体的に教えてください。

多くの手技を含む看護と診療介助を行います。

 

総合病院では看護師が多くの手技をこなします。
点滴がもれて刺し直しに追われるのも総合病院ならではの光景、
ほかにもマーゲンチューブの入れ替え、バルーン交換など
日常業務の中に多くの手技が含まれています。
そんな中で、意外に多くの時間を割くのが「医師の介助」。
数少ない医師が病棟にあがってくる時間に合わせ、
IVH挿入、動脈血採血、術後や褥創の創部処置、腹水穿刺などの介助をします。
患者さんの看護を行いつつ、医師の動きに合わせて診療介助をしていきます。

 

>>条件の良い求人を紹介してもらう

 

総合病院編エントリー一覧