看護師復帰

復帰に向けて個人活動すると失敗する理由

アイさんの体験談の中でも、実際に復帰して色々と問題が出ていましたね。
こういった問題は、個人で復帰活動を行うと少なからず出てきます。

 

まず「自分は看護のプロではあるけれど、転職や就職のプロではない」
ことを自覚しましょう。

 

これはとても大事ですよ。

 

転職や復帰の際には
「自分は何ができるか」
「自分を雇ったらどんなメリットがあるのか」
を提示できなければなりません。


その上で、働くにあたって必要な条件(夜勤なし、残業なし等)を
行っていくのです。

 

難しいですよね。

ですが、この条件交渉というのは非常に重要なのです。
必要な条件が整っていなければ、働くことができないのですから。

 

例えば、アイさん。
お子さんがいるので、春夏冬休みの長期休暇をもらっています。
この休暇が貰えなかったら、働くことはできなかったでしょう。
また、復帰支援に関してもそうです。


転職支援サービスから『求人広告では分からない病院の実情報』を得ていたら、
『復帰支援が実はない』ことが事前に分かりましたよね。

 

このように、お互いに気持ち良くそして長く勤める為には
『自分が働ける環境を整える』必要があるのです。

 

また、金額面での交渉は出来ますか?
もしブランクがあって、自分に少し自信がないとしてもできますか?

 

言いづらいですよね・・。

 

そうなんです。
こういった条件交渉は、素人には非常に難しいのです。


素人が行うと「条件を入れ忘れた」「言いだせなかった」「必要な条件に気が付かなかった」
など後々問題が起きてきます。

入職後に「こんなはずじゃなかったのに」と辞めていく人も少なくありません。

 

ですから、プロに任せるのが一番なんです。
病院側も第三者の意見なら、素直に受け入れることができる場合もあります。

 

転職支援サービスの中には面接に同行するところもあるなど、
きめ細かいサポートを受けることができます。

こういったところを上手に利用して、看護師復帰・再就職を目指すと良いでしょう。

 

≪看護師専門の転職支援サービス≫

  看護のお仕事
看護のお仕事

年収600万以上、残業ナシなどの好条件の求人が多い

転職支援金5万円ももらえる!

公式HP: http://www.kangonooshigoto.jp/