看護師復帰

働き方は選べる

アイさんの体験談から、看護師の働き方は色々選ぶことができるのが分かりましたよね。
ライフスタイルにあった無理のない働き方をすれば、看護師という仕事に復帰し
長期勤務ができるようになるのではないでしょうか。

 

下記は、常勤の他の一般的な勤務形態です。
自分にあった働き方はどれに当てはまるのか確認してみましょう。

 

★日勤専門

日勤専門とは、日中だけの勤務です。
夜勤で体調を崩した人や、お子さんがいて夜勤が出来ない人など色々な人がいます。
そういった人でも、日勤専門という契約で働くことが出来るのです。
最近では日勤専門の求人も非常に増えていますので、近隣で見つかるかもしれませんよ。

 

★夜勤専門

夜勤専門とは、夜勤のみの勤務です。
「夜勤=辛い」というイメージが強いかもしれませんが、
夜勤専門で働いている人の話を聞くと、生活リズムが狂わない為
それ程辛くないとの事でした。
また、日勤ほど忙しくない場合も多く高給与なので、効率よく給与を得たい人に
人気があるようです。ただし勤務先によっては看護師人数が少ない場合もあるので、
事前に何人体制で行っているかなどの確認をしていくと安心です。

 

★パート勤務

パート勤務は、決まった時間・曜日に勤務します。
1日3〜4時間や午前中のみの勤務など短時間勤務が可能です。
給与体系は時給で、地域にもよりますが時給1500円〜2500円程度のようです。
家庭との両立を図りたい人や、ブランクがあるのでまずは短時間からという人にお勧めです。


★紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、一定期間実際に勤務した後に、その後も勤務をするかどうかを
決めることが出来る働き方です。これによりミスマッチを防ぐことができ、
病院側と働く側がお互いに納得して契約できるというメリットがあります。
中には、実際の現場の雰囲気を知らずに常勤として入ってしまい
「こんなはずじゃなかった・・」と辞めていく人も少なくありません。
紹介予定派遣という形から入り「ここなら働ける!」と判断してから常勤を選択する
という方法は安全かもしれませんね。

 

看護師専門の転職支援サービス

  看護のお仕事
看護のお仕事

年収600万以上、残業ナシなどの好条件の求人が多い

転職支援金5万円ももらえる!

公式HP: http://www.kangonooshigoto.jp/