看護師復帰

大学病院編〜向いているタイプや必要な資格は?

大学病院勤務に向いているのはどんなタイプの人ですか?

スキルアップしたい人や最先端医療に携わりたい人です。

 

最先端医療をになう大学病院、いろいろな症例があり多忙です。
その忙しさは業務だけでなく、委員会や看護研究、研修なども・・・
残業手当はきちんと出ましたが、そこはお金の問題じゃないのです。
時間外でも時には看護に時間を費やせる人、自分の成長が楽しい人、
勉強が好きでスキルアップしたい人、そんな人が大学病院には向いています。

 

>>大学病院の看護師求人を探す

 

大学病院への転職に有利な経験や資格はありますか?

特別な経験や資格はいりません。総合病院の経験があれば十分!

 

大学病院への転職は敷居が高そうと思われがちですが、そんなことはありません。  
特別な資格や経験がなくても、大学病院で働くことが出来ます。
スキルに至っては、総合病院の経験があれば十分にやっていけるレベルです。
しいて必要なものと言えば・・・やっぱり気持ちではないでしょうか。
それはどこで働いても同じですよね。
一生懸命働くという気持ちがあれば大丈夫です。

 

 

大学病院での看護業務は?具体的に教えてください。

看護ケアが中心。看護に専念できるのが魅力です。

 

大学病院では、医師の数が充実しちえるので、看護専念することができます。
点滴確保などの医療行為がほとんどありません。
そのため、一般的な病院に比べると時間に余裕をもった看護ができます。
患者さんとのコミュニケーションを取りながらの清潔ケアはもちろん、
看護理論によるカンファレンスが充実しているのも大学病院だからこそ。
患者さんと向き合う時間は看護の基本、
大学病院では患者さんとゆっくりと関わる看護ができるのが魅力ですね。

 

>>年収550万円以上の看護師求人はこちら

 

大学病院編エントリー一覧