看護師転職

クリニック編〜向いているタイプや必要な資格は?

クリニック勤務に向いている人はどんなタイプの人ですか?

プライベート優先の人や決まった時間で働きたい人です。

 

クリニックで働く魅力のひとつは勤務時間。
勤務は診療時間ですから、夜勤がなく残業もあまりありません。
また病院のように走り回る忙しさがないので余力が残せるのもポイント。
帰宅後のプライベートを充実させることができます。
空いた時間で収入を得たい人、趣味やプライベートの時間をきちんと持ちたい人、
子どもの帰宅までには勤務を終えたい人、夜勤で心身が疲れリフレッシュしたい人、
そんな人がクリニックには向いています。

 

>>クリニックの看護師求人を探す

 

クリニックへの転職に有利な経験や資格はありますか?

同じ科の臨床経験があるととても有利です!

 

以前、臨床経験がない科のクリニックへ転職したことがあります。
クリニックの仕事は簡単と思いこんでいたのですが、
経験がない科では問診さえ満足にできないものですね・・。
診療補助がメインになるクリニックだからこそ、
その科をそれなりに知っていることが大切だと感じました。
できれば経験のある科への転職をお勧めします。
臨床経験があれば即戦力になりますから、採用の確立も高まります。
とは言え、もちろん経験のない科でも働くことできます。
ただし最低限の知識を得るべく勉強は必要になるでしょう。

 

 

クリニックでの看護業務は?具体的に教えてください。

診察補助が中心。問診、案内、採血、診察介助、器具の管理などです。

 

クリニックでの看護師の役割は、スムーズな診察の介助。
診察するドクターの補助となるような医療行為や雑務をします。
ほかには点滴や注射、レントゲン写真の現像、心電図測定などもありますし、
私は洗濯や掃除もしていました。
スタッフが少ないので時には大変でしたが、病院よりは確実に身体は楽でした。
立ちっぱなしも多いですが、それでも疲労度は病院に比べて少ないです。
業務で疲労感が少ないというのは、クリニック勤務の大きな魅力ですよ。

 

>>通勤時間30分以内の看護師求人はこちら

 

クリニック編エントリー一覧